沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)申請☆コロナ禍に適したツール

沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)申請☆コロナ禍に適したツール
沖縄ではIT導入補助金(コロナ特別枠)を申請する企業が急増していますよね。
 
コロナ禍に特別枠が新設された、沖縄企業も注目する「IT導入補助金(コロナ特別枠)」とは、30~450万円の範囲内で、IT導入経費の内3分の2又は4分の3の補助が受けられる魅力的な制度です。
 
コロナ禍の今、沖縄企業がこのIT導入補助金【コロナ特別枠】を用いることで、自社の経営刷新のためのIT化を、より少ない投資で始めることができます。
 
しかし「IT化」といっても、具体的なイメージがわかない事業者も多いのではないでしょうか。けれども【コロナ特別枠】の締め切りは2020年12月18日と迫ってきました。
 
そこで今回は、沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】申請のための事業計画にも役立つ、各業種のIT導入のサンプルを示して、IT導入補助金を用いたビジネスモデルの転換例をお伝えします。
 

 

沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)申請☆
コロナ禍に適したツール

 

ウィズコロナ、アフターコロナへの備えは必須


観光業界が取り組むべきアフターコロナ
コロナ感染拡大防止のため「3密」回避が事業者にとっては義務付けられています。
 
飛沫防止のためのアクリル板や消毒液の設置、レジで並ぶ際のソーシャルディスタンス確保などはスーパーやコンビニ、各種店舗でみられる日常風景となりました。
 
さらに直接業務に限らず、間接業務に関しても事業者は3密の回避を心がけています。
 
このような3密回避に有効な対策として、業務のIT化があげられています。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆ウィズコロナへの備え 】
 
★ そのため、冒頭で述べた沖縄で注目されるIT導入補助金【コロナ特別枠】が新設されました。そこで、コロナ感染防止策に有効な事業計画として、下記3つの要件のいずれかに該当しなければなりません。
 
・ サプライチェーン毀損の対応
・ 非対面ビジネスモデルへの転換
・ テレワーク環境の整備
 
… これらのウィズコロナ自体への備えになる、設備投資を支援することとしたのです。

 

ウィズコロナはもちろん、アフターコロナまで見据えるならば、事業者にとって業務のIT化は必須かつ急務と言えるのではないでしょうか。
 
そこで今後の新たな時代へ向けた事業の転換において、コロナ禍に急遽設置された対応枠に、沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】は大きなチャンスであり、砦でもあります。
 

 

コロナ禍に活用したいITツールとはどんなものか


コロナ禍に活用したいITツールとはどんなものか
IT導入補助金は従来の「ものづくり補助金」の1つであり、コロナ特別枠の制度趣旨は「業務の効率化による付加価値の増加」と「コロナ感染拡大防止」の2つです。
 
沖縄企業がこのIT導入補助金【コロナ特別枠】に申請をするならば、提出する事業計画を作成する時には、この2点を意識したプロジェクトを構築しなければなりません。
 
では、このような2つの制度趣旨を満たすことができる「ITツール」とは、どのようなものでしょうか。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆非接触ツール 】
 
① キャッシュレス対応レジ
 
… 金銭受け渡しの際に生じる接触の機会を防ぐことで、コロナ感染拡大防止に有効と言え、バーコードリーダーカードリーダーも含めた、キャッシュレス対応レジの導入はこれからは必須です。

 

飲食店やスーパーなど、どうしても人が集まらなければ成り立たない業種においては、上記のようなキャッシュレス対応レジなどの「サービスの無人化」「非接触」を実現するITツールが役立ちます。
 
この他飲食店では、テイクアウト予約システムの導入や、お客様が自分でタブレットで注文できるような、セルフ注文システムなどの事例もありました。
 

 

テレワーク環境を整備するITツール


テレワーク環境を整備するITツール
それでは、社員が出勤せずに自宅などで働くことで3密を避ける「テレワーク環境の整備」部門では、どのようなものがあるのでしょうか。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆テレワーク環境整備 】
 
② 勤怠管理ツール
 
… テレワークの導入が進めば、勤怠管理ツールが便利になります。そもそも在宅勤務を前提とするテレワークでは、勤怠管理ツールの導入がなければ、思わぬ長時間労働につながりかねないからです。
 
③ チャットツール
 
… テレワークといえばチャットツールの導入は欠かせませんよね。従業員同士のコミュニケーションがなければ業務効率化はおぼつきません。
 
④ ウェブ会議システムツール
 
… 業務と言えば会議、この会議もこれからはウェブ会議システムが主流になることが予想されます。とくに企業秘密を漏洩しないためにも、しっかりとしたセキュリティーをもつシステムを導入したいものです。

 

 

作業効率化を助けるITツール


作業効率化を助けるITツール
また、沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】を申請する際には、3密を避ける事業計画ばかりではなく、作業効率化にも対応しますので、下記のようなITツールも採択が可能です。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆作業効率化 】
 
⑤ タスク管理ツール
 
… この業務効率化にとって役立つものに、タスク管理ツールがあります。従業員同士の伝言ゲームによる二重タスク回避にとっての必需品です。
 
⑥ RPAツール
 
… 定型業務をロボットにより自動化できるPRAツールも3密回避に役立ちます。
 
⑦ 在庫管理ツール
 
… 同じく在庫管理ツールも3密回避だけではなく業務の効率化に欠かせません。

 

沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】を利用して作業効率化を計ることで、従業員はコロナ対策に追われるなかでもワークライフバランスを保つことができるばかりではなく、新しい違う事業へ力を掛けることが可能です。
 

 

各業種におけるITツール活用のサンプル


各業種におけるITツール活用のサンプル
沖縄でIT導入補助金【コロナ特別枠】の申請をする場合には、事前に認定を受けたIT導入支援事業者が登録したITツールを選ばなければなりません。
 
ですから、ITツールであれば何でも良い訳ではないので、注意をしてください。
 
沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】の申請を検討するのであれば、まずは認定を受けたIT導入支援事業者に相談をします。
 
申請・採択までのサポートを受けることもできて、スムーズです。
 
ただ、IT導入補助金に登録されているITツールは多数ありますので、ほとんどのケースで希望のITツールを見つけることが可能です。
 
…ここでは、いくつかの業種でのITツールサンプルをお伝えします。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆業種別サンプル 】
 
① 例えば飲食店を例にとれば、沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】を利用して、タブレット端末を利用した「セルフオーダーサービス」は人気です。
 
→ セルフオーダーサービスは、新型コロナ感染拡大業務効率化の、2つを兼ねたITツールとなります。
 
② 卸売りや小売り事業を例にとると、PRAツールを利用した会計業務の自動化が考えられます。
 
→ 沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】で、このITツールを導入した場合、受発注の処理や帳簿への転記といった、ルーティン業務に時間と手間をとられません。

 

 

コロナ禍におけるIT化の現状


コロナ禍におけるIT化の現状
最後に全体で見た企業のIT導入の現状を見てみたいと思います。
 
ヴィエムウェアが今年に調査した各企業のIT投資の傾向によると、コロナ禍においてもIT関連への投資にほとんどの企業が前向きであると回答しました。
 

【 沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)☆IT化の現状 】
 
★ 2020年度のIT関連の予算については29.6パーセントもの企業が増額すると回答、これらの企業はオンライン会議(ウェブ会議)とテレワーク関連に優先して投資すると回答しました。
 
→ さらに26.3パーセントもの企業が今回のコロナ禍を契機にテレワークを導入したと回答しました。
 
※ しかしこれらテレワークを導入した企業が感じた課題点の57.6パーセントが「テレワーク導入のためのITツールの選定と導入」だったと悩みを吐露しています。

 

このように多くの企業が悩みを感じる「ITツールの選定と導入」はIT導入補助金の交付の相談により解決できます。
 
なぜならこの補助金の申請はIT導入支援事業者とタッグを組んでの申請が必要であり、IT導入支援事業者はIT関連のエキスパートなので、導入を検討する事業者の悩みを解決してくれるからです。
 
自社のIT化を考える沖縄の事業者も、IT導入補助金【コロナ特別枠】を活用することこそがベストな選択と言えることは間違いありません。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄企業がIT導入補助金【コロナ特別枠】申請の際に役立つ、IT化の具体的なイメージを想起できるようなサンプルを提示して、IT化に悩む事業者にとってIT導入補助金の活用こそベストな早道だということをお伝えしました。
 
ウィズコロナ、アフターコロナを見据えればIT化は必須、とすれば、沖縄企業も今、IT導入補助金【コロナ特別枠】をうまく活用して、一刻も早いIT導入を実現してみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

IT化の具体的サンプル

・ウィズコロナ、アフターコロナにおいてIT化は必須
・コロナ禍に活用したいITツール
・具体的なサンプル
・多くの企業がITツールの選定と導入に悩みを感じている
・IT導入補助金はこれらの悩みを解決してくれるベストな選択