沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)申請☆今駆け込み申請したい理由

沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)申請☆今駆け込み申請したい理由
沖縄でものづくり補助金が注目されるのは、コロナ禍において救済措置として【コロナ特別枠】が新設されたことは大きいです。上手に補助金を活用して、コロナ禍にも安定収入を実現できたら、安心ですよね。
 
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本経済も大打撃を受けています。
 
その影響はほぼすべての業種に及んでいると言えますが、特に中小企業のような企業体力がない企業にとっては、特にダメージが大きいのではないでしょうか。
 
と言うのも、新型コロナウイルスの影響が長引いていることもあり、ある程度体力のある企業は、ウィズコロナの時代へ向けて非対面型のシステムを構築したり、新商品を投入したりして新しいビジネスモデルを構築しつつあります。
 
しかし資金があまりない中小企業にとっては、会社を維持することが最優先で新しく投資をする余裕がないからです。
 
そんな状況もあり、中小企業に対して新型コロナウイルスの影響を乗り越えるための経営革新に必要な設備・システム投資等を補助するための補助金が決定しました。
 
それが、沖縄で注目される「ものづくり補助金」のうちの【コロナ特別枠】という制度ですが、3回の公募があり次回は第4回です。
 
今回は、沖縄で注目される「ものづくり補助金【コロナ特別枠】」を、今から駆け込み申請すべき理由をお伝えします。
 

 

沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)申請☆
今駆け込み申請したい理由

 

ものづくり補助金とは


ものづくり補助金とは
まずは従来から設置されている「ものづくり補助金」の内容からお伝えします。
 
今、沖縄ではものづくり補助金【コロナ特別枠】が注目されていますが、こちらは、もともと設置されていた「ものづくり補助金」のなかの【一般型】のなかに、コロナ禍の応急措置として新設されました。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆概要 】
 
☆ 「ものづくり補助金」はまず、中小企業(資本金または従業員数が一定数以下)が対象です。
 
・ 新しいサービス
・ 新商品の開発
・ 生産性の向上
 
…に向けての設備投資などの投資について、一定の割合で補助されます。

 

ここで「ものづくり」と聞くと、工場を使うような業種に絞られると思われがちですが、どの業種でも申し込むことができる補助金です。
 
内容には審査があり、補助金の目的に沿った内容でないと審査は通りませんので、この点は注意をしてください。
 
ここで従来から設定されている、ものづくり補助金の種類には、【一般型】【グローバル展開型】【ビジネスモデル構築型】の3種類あります。
 
ただ、【グローバル展開型】は海外進出などに向けた、3,000万円を限度とする規模の大きな枠です。
 
さらに【ビジネスモデル構築型】はそもそも中小企業を支援する大企業へ向けた1億円を限度とする枠なので、【一般型】の申請が一般的なので、今回は【一般型】について【コロナ特別枠】と比較する形でお伝えします。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆目的 】
 
☆ 一般型の目的は、自社にとって刷新的な、新たなサービスや製品を提供するための設備やシステム投資に対して支援をする制度です。
 
→ 沖縄企業がものづくり補助金の【コロナ特別枠】を申請する場合にも、この、一般型の基本的な目的は考慮して、事業計画書を立てなければなりません。
 
※ 沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】への申請をするのであれば、【一般型】の目的である、自社にとって「刷新的」な内容であり且つ、ウィズコロナ時代に対応する新たな事業計画書の提出が必要です。

 

また、必ず設備投資を行う必要があることもあり、会社の財務基盤も審査内容の一つです。
 
ですから、沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】の申請をする時にも、会社の財務基盤を整えた上で成長性・収益性のあるサービスを開発するための投資に補助されると考えてください。
 

 

沖縄企業で人気のものづくり補助金【コロナ特別枠】とは


採択されやすい経営計画書の書き方
そこで、改めて沖縄で申請者が多いのが、ものづくり補助金【コロナ特別枠】です。
 
まず、沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】を申請するならば、この制度が、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために、前向きな投資を行う事業者に対して、支援する枠であることを意識してください。
 
ですから、嬉しいポイントとして、沖縄企業がこのものづくり補助金【コロナ特別枠】を申請した際には、【一般型】や【グローバル展開型】よりも、優先して採択されます。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆優先 】
 
☆ もし、沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】に申請をして、採択されなかったとしても、一般枠で優先的に採択されるので、採択される確率が格段に上がる点はメリットです。

 

また補助率が上がったり(経費全体の1/2→最大3/4まで上がります。)、申請要件の緩和があったり(補助範囲が広がるなど)と、【一般枠】と比べて多くのメリットが見受けられます。
 
しかし、あくまでもコロナ禍における事業計画ですから、下記のような条件が加えられていますので、注意をしてください。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆条件 】
 
☆ 沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】に採択されるのなら、条件として、経費の6分の1が、下記の要件のいずれかに概要している必要があります。
 
① サプライチェーンの既存への対応(補助率2/3)
② 非対面型ビジネスモデルへの転換(補助率3/4)
③ テレワーク環境の整備(補助率3/4)
 
→ この3つのいずれかに、全体の1/6以上の経費を投資することが求められます。

 

事業計画書を作成する際、少し大変そうに見えるかもしれませんが、ものづくり補助金は、2020年に新設されたコロナ枠補助金のなかでも、最も規模の大きな補助金制度です。
 
そのため、上限1,000万円と言う補助額が期待できますので、そのなかでの補助率アップは、【一般型】と比べても大きな違いとなります。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆補助率 】
 
☆ 1,000万円の資金として計算をすると、従来の【一般型】の補助率は1/2ですので(中小企業)500万円です。
 
→ 一方、【コロナ特別枠】で非対面型ビジネスモデルとして申請し採択されたとすると750万円となり、250万円もの違いとなります。

 

こちらへの対応は必ず考えておいてください。
 

 

今、駆け込み申請すべき理由


今、駆け込み申請すべき理由
ここまで魅力をお伝えしてきましたが、沖縄でも漏れなく、ものづくり補助金【コロナ特別枠】は2020年度(令和2年度)において、全5回を予定されており、2020年11月現在第3回までが終了しましたが、この度第4回での終了が発表されました。
 

【 沖縄でものづくり補助金(コロナ枠)☆締め切り 】
 
☆ 第4回の申込期限は11月26日予定でしたが、2020年12月18日(金)まで、延長することが決定しました。
 
→ 【コロナ特別枠】は第2回から始まり、今回の第4回で特別枠の公募は終了となります。ですので、【コロナ特別枠】での申請をするのは今しかありません

 

このように、沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】の申請・採択をした場合、前述の通り【一般型】に比べて多くのメリットがあります。
 
ですから、今ものづくり補助金の申請を検討している企業であれば、積極的に特別枠を狙っていくべきです。
 
そこで、2020年12月18日と目前に締め切りが迫ってきたものづくり補助金【コロナ特別枠】ですが、今からより確実な方法で事業計画書を作成・申請をして、採択をされたいのであれば、補助金申請サポート業者をおすすめします。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は、沖縄企業がものづくり補助金【コロナ特別枠】を駆け込み申請すべき理由をお伝えしました。
 
ウィズコロナの時代を生き抜いていくためにも、うまく制度や補助金を使いこなしていくことが必要です。
 
最後にお伝えしたように、補助金申請サポート業者によるサポートは心強いです。事業内容から、ものづくり補助金ばかりではなく、複数の【コロナ枠】補助金のなかで、最も適した制度まで相談できますので、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

ものづくり補助金【特別枠】は駆け込み申請したい理由

・ものづくり補助金はどの業種でも申請できる
・特別枠は一般枠に比べて優先して採択される
・特別枠の補助金は12月18日までの申請が必須