沖縄で本格的なコロナ対策☆(事業再開型)で抗ウイルス施工

沖縄で本格的なコロナ対策☆(事業再開型)で抗ウイルス施工
観光地沖縄ではコロナ対策が必須ですが(事業再開型)の補助金枠を活用して、コロナ禍による経営悪化のなかでも、徹底的・本格的なコロナ対策を進める事業者が多いですよね。
 
沖縄のコロナ禍で注目の(事業再開型)は、小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金内に新設された(コロナ特別枠)と併用できる補助金制度で、単独では申請できないものの、純粋なコロナ対策に対しての補助が期待できます。
 
新型コロナ到来によって、あらゆる業界が経済的なダメージを受けました。その影響は今なお続いており、予断を許さない状態が続いている企業も多いのではないでしょうか。
 
最近になってようやく政府による政策である給付金やGOTOキャンペーンなどの効果もあり、少しずつ人が戻ってきている側面もありますが、まだまだ先は長そうです。
 
新型コロナウイルスのワクチンは未だ開発途上ですし、特効薬もまだありません。
 
そこで、観光地沖縄の事業者が(コロナ特別枠)と(事業再開型)をフル活用して、これから訪れるであろう「ウィズコロナ時代」に備えるようになりました。
 
特に資金も情報も不足しがちな沖縄の小規模事業者には、コロナ禍において事業再開型によってコロナ疲弊を解消しながら、健康的に事業維持をしていきたいところです。
 
そこで今回は、特にそんな小規模事業者がウィズコロナに対応するために役立つ、小規模事業者持続化補助金として、沖縄で注目の(コロナ特別対応型)と(事業再開型)について説明します。
 
有効活用が期待できる「抗ウイルス施工」についてもお伝えしますので、どうぞご参考にしてください。
 

 

沖縄で本格的なコロナ対策☆
(事業再開型)で抗ウイルス施工

 

小規模事業者が利用できる【事業再開型】とは


補助金額の違い
新型コロナ感染拡大において、【コロナ特別枠】が設置された補助金制度は、IT事業者持続化補助金、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金がありますが、特に小規模事業者のみを対象としている補助金制度が、「小規模事業者持続化補助金」です。
 
正式には小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)と言いますが、ここでは「持続化補助金(コロナ枠)」としてお伝えします。
 
沖縄で申請できる、持続化補助金(コロナ枠)に併用する(事業再開型)は、例えば飲食店など、緊急事態宣言などにより休業された事業主が再開するに当たり必要な、一連のコロナ対策に対しての補助です。
 
(ですので、本筋の持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)は併用できる仕組みながらも、別枠となります。)
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)概要 】
 
☆ まず、「小規模事業者持続化補助金」は、日本商工会議所が行っている制度で、商工会議所の管轄地域内で営業を行っている小規模事業者のみ(一部例外有り)利用できる補助金制度です。
 
→ 販路拡大や業務効率化を目的とした(一般型)のなかに2020年の新型コロナ感染拡大に対応する形で、下記の2つのコロナ特別枠が新設されました。
 
・(コロナ特別対応型)
・(事業再開型)
 
※ 本記事のなかでは(コロナ特別対応型)を(コロナ枠)と表記。

 

持続化補助金のなかでも(コロナ枠)は(事業再開型)とは違い、コロナ禍でも収益を上げることを目的とした事業転換への費用に対して補助されます。
 
(事業再開型では、既存の店舗を感染症対策仕様にグレードアップさせる経費に対しての補助金です。)
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)上限 】
 
☆ 持続化補助金(コロナ枠)(事業再開型)共に、補助金の金額には上限と補助率があります。
 
→ 持続化補助金(コロナ枠)上限は100万円、(事業再開型)の補助金上限額は50万円(特例事業者のみ100万円)です。
 
※ 補助率は持続化補助金(コロナ枠)が最大75%、(事業再開型)になると100%、つまり全額補助が期待できます。

 

 

持続化補助金【事業再開型】でできること


持続化補助金【事業再開型】でできること
持続化補助金(コロナ枠)内の(事業再開型)で対象となる事業は、新型コロナ感染症拡大防止のために行う、直接的・純粋なコロナ対策の取り組みであることが条件です。
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)適用 】
 
☆ 具体的な補助対象は七種類となっています。
 
・ 店舗などを消毒する「消毒費用」
・ 従業員にマスクを配布するような「マスク費用」
・ 店舗を清掃する「清掃費用」
・ 客席をアクリル板などで仕切るための「飛沫対策費用」
・ 店舗の換気性能を上げるための「換気費用」
・ その他感染症対策を行うための「その他費用」
・ 感染症対策を行っているとPRするための「PR費用」
 
…となっています。

 

この持続化補助金(コロナ枠)内の(事業再開型)は、お店自体を感染症対策仕様にすることもできますし、従業員やお客様に安全にお店を使ってもらえる費用が計上できる点が魅力です。
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)PR 】
 
☆ お店にとっては、徹底したコロナ対策が施されている点をアピールして、集客へ繋げることが重要ですよね。
 
→ 徹底的なコロナ対策を行っているお店であれば、PR費用も適用するので、経済的な負担なくアピールできるので、使い勝手の良い補助金です。

 

さらにこの補助金の大きなポイントは、お店を感染症対策仕様にできるという点ではないでしょうか。
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)本格的に 】
 
☆ 感染症対策として新しく設備を導入したり、長期間効果が続く感染症対策を行ったりしようとすると、どうしても金額が多額になり、小規模事業者にとっては大きな痛手になってしまいます。
 
→ この補助金はそういった小規模事業者にとって、大きな手助けになる補助金枠です。

 

 

具体的な感染症対策


具体的な感染症対策
そこで、沖縄で持続化補助金(コロナ枠)内の(事業再開型)がなければ、なかなか決断ができない、具体的なコロナ対策をご紹介します。
 
今回ご紹介するのは、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」を空間内に吹き付け施工をして導入する、「抗ウイルス・制菌施工」です。
 
「抗ウイルス・制菌施工」という言葉はあまり馴染みがないのではないでしょうか。
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)抗ウイルス施工 】
 
☆ 「抗ウイルス・制菌施工」とは、抗ウイルス機能が付いた薬剤をスプレーなどでお店に散布することで、散布した表面に抗ウイルス機能を持たせることができる工事です。
 
→ 多くのウイルスは付着した瞬間から増殖を始めますが、抗ウイルス機能が備わっていれば仮にウイルスが付着してしまっても、それ以上増えることがないばかりか、ウイルス自体を不活性化して減少さえ期待できる抗菌効果も発揮します。
 
☆ これが「デオファクターカーサ」と言う液剤で、空気に反応して24時間、常にウイルス対策を施してくれるので、従業員が神経を尖らせて都度都度コロナ対策を施す必要も、基本的にはありません。

 

コロナ禍において今後も続くコロナ対策に対して、従業員がコロナ疲弊に陥る心配もありませんし、状況によっては少数精鋭での営業も可能です。
 
このデオファクターカーサは、持続化補助金(コロナ枠)(事業再開型)に適用するだけあって、SEKマークという抗ウイルス機能を認める認証を取っていますので、効果についてはしっかりと検証されています。
 

【 沖縄で活用☆持続化補助金(コロナ枠)と(事業再開型)費用相場 】
 
☆ このデオファクターカーサの工事費用は、スペースの大きさや状況により違いますが、小規模店舗で40万円程度が相場ですので、補助金利用にはぴったりの感染症対策です。

 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄で持続化補助金(コロナ枠)や(事業再開型)の概要と、(事業再開型)を賢く活用した、具体的・純粋なコロナ対策として、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の吹き付け施工をお伝えしました。
 
沖縄事業者も注目の持続化補助金(コロナ枠)及び(事業再開型)ですが、11月現在では、締め切りが2020年12月10日と迫っています。
 
これから冬になりインフルエンザの到来も懸念される今、急ぎ申請をしてみてはいかがでしょうか。
 
デオファクターカーサ取り扱い業者へ相談すると、補助金までサポートしてくれます。また、認定を受けた補助金申請サポート業者「株式会社木立」では、デオファクターカーサの導入もサポートしてくれますので、まず相談してしまうのも一案です。
 
 

まとめ

持続化補助金【事業再開型】で行う感染症対策

・持続化補助金は、小規模事業者が利用できる
・【事業再開型】はお店を感染症対策仕様にできる
・抗ウイルス・制菌液剤デオファクターカーサがおすすめ
・お店全体を抗ウイルス仕様にグレードアップすることができる