沖縄の飲食店補助金活用のコロナ対策☆本格的な抗ウイルス施工

沖縄の飲食店補助金活用のコロナ対策☆本格的な抗ウイルス施工
沖縄の飲食店では補助金を活用したコロナ対策を検討する事業者も増えていますよね。
 
沖縄の飲食店においては、補助金なくしても日々のコロナ対策を徹底し、感染者が出ないよう気を使っているのではないでしょうか。
 
そんな沖縄の飲食店で補助金も適用する新しいコロナ対策として注目されているのが、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の施工対策です。
 
空間全体を「抗ウイルス空間」にしてしまうため、スタッフの負担も軽減する新しく本格的なコロナ対策となります。
 
今回は、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の施工によって、沖縄で補助金適用内でどんなコロナ対策ができるのか、なぜ飲食店におすすめなのかについて解説していきます。
 

 

沖縄の飲食店補助金活用のコロナ対策☆
本格的な抗ウイルス施工

 

飲食店でおすすめの新対策「デオファクターカーサ」とは?


飲食店でおすすめの新対策「デオファクターカーサ」とは?
沖縄の飲食店で補助金適用の新しいコロナ対策としておすすめするのが、「デオファクターカーサ」という抗ウイルス施工です。
 
これは、「デオファクターカーサ」という液体を吹き付けることで、ウイルスの増殖を抑えながらも、新しいウイルスを寄せ付けない「制菌」という新しい感染防止対策です。
 
今までも、沖縄の飲食店では補助金あるなしに関わらずコロナ対策として、除菌や殺菌作業を日々徹底してきた事業者がほとんどではないでしょうか。
 
ただ、アルコール除菌スプレーなどもありますが、これらの「除菌」は、あくまでも付着しているウイルスを取り除くだけです。
 
一方、「殺菌」はウイルス自体をやっつけてしまうものにはなるのですが、除菌も含めて殺菌は、結局再び新しいウイルスなどが付くため、毎回気を抜けません。
 
けれども、沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策として、デオファクターカーサの吹き付け施工を導入した場合、「制菌」効果が期待できます。これは、「除菌」でも「殺菌」でもありません。
 
「除菌」や「殺菌」を超えた効果で、それゆえに一度の施工で従業員やスタッフの負担が軽減すると言えます。
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆制菌 】 
 
☆ デオファクターカーサが持つ「制菌」効果は、ウイルスの増殖を抑えて、自然に減らしていきながらも、新しいウイルスの付着も同時に防ぐことができる優れものです。
 
→ まさに除菌と殺菌、そして抗菌が合わさったような良いとこどりの対策といえます。
 
※ さらに沖縄の飲食店では補助金活用でコロナ対策を講じることができますから、大きなメリットと言えますよね。

 

飲食店ではコロナ感染事例も多く取り上げられている場所なので、もちろん、自分の店ではクラスター感染を出したくはありません。
 
そんな沖縄の飲食店で補助金適用のコロナ対策として、どんどん導入されるようになった、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」は、お客様がマスクを取り口へ食べ物を運ぶ飲食店にとって、新しいクラスター防御策です。
 

 

面倒な作業もいらないのが嬉しい


面倒な作業もいらないのが嬉しい
また、沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策としてデオファクターカーサを導入した場合、前項でも少し触れましたが、その都度都度の細やかなコロナ対策が必要ないので、スタッフの負担も軽減し、ストレスレスな職場環境を作ることができます。
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆専門業者 】
 
☆ 抗ウイルス・制菌液剤デオファクターカーサは、最初に吹き付け施工工事を行い導入するコロナ対策となるため、従業員はデオファクターカーサを取り扱う専門業者に依頼をすることから始まります。
 
→ 店側は、「ルミテスターSmart」と言う専用の機器で、定期的に空間内の抗ウイルス効果が持続しているのか確認するだけです。

 

沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策としてデオファクターカーサを導入したいのであれば、株式会社木立がおすすめです。
 
株式会社木立は、デオファクターカーサを取り扱う専門業者でありながら、認定を受けた補助金申請サポート業者でもあるので、補助金の相談をしながらデオファクターカーサの導入も進めることができます。
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆負担の軽減 】
 
☆ 飲食店は、調理や接客、提供、片付けなどやるべき作業が多いなかで、コロナ禍の今、お客様の出入りごとにコロナ対策を講じなければなりません。
 
→ 除菌作業など小さな作業ではありますが、その中で、除菌作業などの対策もしているのに、新たに自分たちで作業をするとなると、小さな作業が降り積もるため、負担が大きくなるお店も多く、「コロナ疲弊」問題も出始めました。

 

しかし、沖縄の飲食店も補助金適用のコロナ対策として、デオファクターカーサを導入するなら、自分たちは何もしなくても対策ができるので、飲食店にとっては嬉しい感染防止対策になります。
 

 

天然素材でどこでも吹き付けられる


天然素材でどこでも吹き付けられる
沖縄の飲食店が補助金のコロナ対策として、デオファクターカーサを導入した場合、その安全性も特筆すべき特徴です。
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆安全性 】
 
☆ 無味無臭天然素材100%のため、あらゆるところに吹き付けられます。
 
→ それこそ、店内の壁やテーブル、イスはもちろんのこと、トイレもキッチンも大丈夫です。
 
※ また車内でも使えるため、デリバリーの配達に使う車や移動販売車にも利用できます。

 

さらに、皮膚刺激テスト毒性テストにも合格しているので、テーブルなどに吹き付けても、乳幼児やアレルギー症状を持つ子供が触ったり舐めたりした場合にも心配は要りません。
 
ファミリーの利用も多い飲食店にとっては非常に安心なウイルス対策なのです。
 

 

抗ウイルス効果が長く、コストパフォーマンスが抜群


沖縄の注文住宅で利用できる補助金①すまい給付金とは
さらに沖縄の飲食店にとって今、補助金でコロナ対策「デオファクターカーサ」導入を進めると、そのまま長期間にわたって抗ウイルス効果が期待できる点もポイントです。
 
例えば、壁紙では3年くらいは効果を維持できるくらい長く効果を発揮します。
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆長期間効果の持続 】
 
☆ デオファクターカーサの液体に含まれる物質自体は変化もせず、無くなりもしないのが特徴です。
 
→ 抗ウイルス効果がなくなるときは、例えば壁紙の表面が剥がれてしまうなど、吹き付けた箇所の劣化になった時ですので、類似の「抗菌加工」などと比べても長期に渡る効果が期待できます。

 

抗菌加工は空間全体に施工工事を進めた場合には、それなりのコストが掛かりますが、それでも1年ほどが限度です。
 
一方、沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策としてデオファクターカーサを導入した場合、一度施工しても3年以上ももつのであれば、実は除菌スプレーや消毒作業の対策よりもコスト的にも負担が軽減することになります。
 
長期的に見ると、実は補助金なしでも、抗ウイルス対策のコストパフォーマンスは抜群です。
 

 

事業再開型の持続化補助金が適用される


ものづくり補助金【コロナ特別枠】☆沖縄で今こそ申請
デオファクターカーサの吹き付け作業は、事業再開型の持続化補助金の対象です。
 
事業再開型の持続化補助金は、持続化補助金を申請している事業者に対して、プラスで上限50万まで活用できる補助金です。
 
コロナ対策に気を付けている飲食店側にとっては、費用負担が少なくて済むので活用しない手はありませんよね。
 
ただし、事業再開型の補助金は一連の補助金制度と並行して申請を進めることができるものの、単独では申請できません
 

【 沖縄の飲食店が補助金適用のコロナ対策☆補助金制度 】
 
☆ 特に沖縄の飲食店であれば、小規模事業者持続化補助金(コロナ対応特別型)と併用した(事業再開型)の申請がおすすめです。
 
→ この制度は、コロナ禍における3密を避けたビジネスモデルチェンジに掛かる費用を、対象経費2/3~3/4、上限100万円まで補助してくれる制度です。
 
※ 事業再開型の持続化補助金は、12月10日が締め切りとなり2月からデオファクターカーサの施工ができる予定となります。

 

前述したように、締め切りが迫る今、補助金申請サポート業者に相談してしまうと便利です。沖縄では株式会社木立が、飲食店の補助金申請とコロナ対策(デオファクターカーサの導入)を同時に相談できるので、便利です。
 
今から早めに事業再開型の補助金申請をして、デオファクターカーサを対策強化に充ててみてはいかがでしょうか。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄の飲食店が補助金適用内でコロナ対策を進めるのであれば、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の施工は、感染防止対策にぴったりのものです。
 
クラスター感染による休業や客足の遠のきを防ぐためにも、デオファクターカーサの抗ウイルス対策で、しっかりとコロナ対策を強化してみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

補助金適用のコロナ対策でデオファクターカーサ

・「制菌」という新しいウイルス対策
・面倒な作業が不要
・天然素材でどこでも吹き付けられる
・長期間抗ウイルス効果が持続
・事業再開型の持続化補助金が適用可能