沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆抗ウイルス施工とは

沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆抗ウイルス施工とは
観光地沖縄のカフェでは、補助金をフル活用したコロナ対策を進める事業者が急増していますよね。
 
今回、個人経営などの小さな事業者であれば、「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」に付随して申請できる(事業再開型)が、具体的な店舗内のコロナ対策にピッタリです。
 
今、GOTOトラベル、イートキャンペーンが始まり、沖縄のカフェでは補助金なしでも、コロナ対策として、除菌や消毒作業をするなど、日々を頑張っている現状ではないでしょうか。
 
そのためかコロナ禍が続く今、日々のコロナ対策による従業員やスタッフのコロナ疲弊が取りざたされています。そこで今、そんな疲弊が見え始めたカフェ向けに、ストレスのない新しいコロナ対策が話題になりました。
 
それが、沖縄のカフェも補助金で賄うことができるコロナ対策、抗ウイルス施工の「デオファクターカーサ」です。
 
今回は、そんな沖縄のカフェが補助金で導入できるコロナ対策、「デオファクターカーサ」についてお伝えします。
 
なぞカフェに向いていて、ストレスレスなコロナ対策ができるのか、解説していきますので、どうぞ参考にしてください。
 

 

沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆
抗ウイルス施工とは

 

抗ウイルスだけじゃない!「制菌」効果


抗ウイルスだけじゃない!「制菌」効果
沖縄のカフェで補助金適用内のコロナ対策として、抗ウイルス・制菌液剤の吹き付け施工「デオファクターカーサ」が良い理由は、まず「制菌」効果があることです。
 

【 沖縄のカフェが補助金でコロナ対策☆制菌効果 】
 
☆ 「デオファクターカーサ」は抗ウイルス・制菌効果のある液体となります。
 
→ これを壁などに吹き付けることで、ウイルスの増殖を抑えながらも、新しいウイルスを寄せ付けない効果を発揮する点が特徴です。
 
※ このウイルスの増殖を抑えながら、新しいウイルスを付けない効果を「制菌」と呼んでいます。

 

カフェでは従来、店内の除菌や消毒作業をしてきましたが、除菌は付着しているウイルスを取り除くことで、消毒はウイルス自体をやっつけてしまうものです。
 
しかし、除菌や消毒では結局再び新しいウイルスがなどが付く可能性があるため、毎回気を抜けません
 
一方、デオファクターカーサの「制菌」は気を抜いていたとしても、しっかりと感染防止の働きをしてれるため、ストレスもない新たな感染防止策です。
 

 

面倒な作業もいらないのが嬉しい


面倒な作業もいらないのが嬉しい
また、沖縄のカフェが補助金を利用したコロナ対策として、デオファクターカーサを導入した場合、面倒な作業が必要ありませんので、経済的にも体力的にもストレスレスです。
 

【 沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆専門業者 】
 
☆ デオファクターカーサの吹き付け作業は専門の業者が行います。そのため導入時には初期費用が掛かりますが、今回は補助金を充てるために経済的な負担が掛かりません。
 
→ カフェ側は、専用の機器で抗ウイルス効果が持続しているのか確認するだけです。専門のチェック機器で抗ウイルス効果の持続が確認できます。

 

コロナ禍でなくとも、お客様へ食事を提供するカフェは、その性質上時間に追われることが多いですよね。調理はもちろん、接客やサーブ、片付けまで、一日中やるべき作業が非常に多いです。
 
そのなかで、不特定多数のお客様がどんどん入れ替わる店内のなか、その都度都度除菌作業などの対策もしっかり日々しているのに、新たに自分たちで作業をすることは負担が大きすぎます。
 

【 沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆ストレスレス 】
 
☆ しかし、沖縄のカフェが補助金でコロナ対策として、デオファクターカーサを導入したなら、新たに自分たちがする仕事を増やすわけではないので、導入も楽です。

 

負担がないことは、カフェにとってはストレスが一切ないウイルス対策です。
 

 

天然素材でどこでも吹き付けられる


天然素材でどこでも吹き付けられる
さらに沖縄のカフェで補助金適用のコロナ対策として、この抗ウイルス・制菌液剤の「デオファクターカーサ」が注目されたのには、この液剤が無味無臭で天然素材100%であると言う点でした。
 
そのため、あらゆるところに場所を問わず吹き付けることができます。
 

【 沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆無害 】
 
☆ それこそ100%天然成分で害がないので、店内の壁やテーブル、イスはもちろんのこと、トイレもキッチンも大丈夫です。子連れカフェなら、おもちゃなどに吹き付けも可能です。
 
→ さらに、皮膚刺激テストや毒性テストにも合格しているので、テーブルなどに吹き付けても、乳幼児やアレルギー症状を持つ子供が触ったり舐めたりした場合にも、心配は要りません。

 

このように無害であることから、ファミリーの利用も多い沖縄のカフェにとっても、補助金でコロナ対策として導入するのには、非常に安心な方法です。
 
ですから現在では数多くの実績があり、一般住宅はもちろん、その他にも保育園や学校、大型医療施設まで導入が進んでいます。
 

 

抗ウイルス効果が長く、コストパフォーマンスが抜群


スタッフに負担をかけない感染症対策②【換気設備導入】
沖縄のカフェが補助金適用内のコロナ対策として、このデオファクターカーサを導入した場合、面倒な作業がいらないだけではありません。
 
長期間にわたって抗ウイルス効果を持続できる優れものです。液剤自体は変化しないので、例えば壁紙では、3年くらいは効果を維持できるくらい長く効果を発揮します。
 

【 沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆無臭無色 】
 
☆ デオファクターカーサの液体に含まれる物質自体は変化もせず、無くなりもしないのが特徴です。
 
→ 抗ウイルス効果がなくなるときは、例えば壁紙の表面が剥がれてしまうなど、吹き付けた箇所が劣化になった時です。

 

カフェは日々の経費も多く出る事業です。一度施工しても3年も持つのであれば、毎月の固定費にならないため、実は長い目でみれば、多くのコロナ対策のなかでも抗ウイルス対策のコストパフォーマンスは抜群と言えます。
 

 

事業再開型の持続化補助金が適用される


ルーキー優遇の補助金
デオファクターカーサの吹き付け作業は、事業再開型の持続化補助金の対象です。
 
沖縄のカフェがこの補助金によるコロナ対策として、デオファクターカーサを導入するのであれば、補助金申請まで受け付けてくれる専門取り扱い業者に依頼するか、補助金申請サポート業者で補助金を申請した後に、施工業者に依頼をする方法があります。
 
株式会社木立は、デオファクターカーサ専門取り扱い業者でありながら、認定を受けた補助金申請サポート業者でもありますので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。
 

【 沖縄のカフェが補助金で本格的なコロナ対策☆事業再開型 】
 
☆ 事業再開型の持続化補助金は、持続化補助金を申請している事業者に対して、プラスで上限50万まで活用できる補助金です。
 
→ コロナ対策で新たな費用負担がかかる心配がないため、カフェとしては利用しない手はないでしょう。

 

ただし事業再開型が申請できる持続化補助金は、2020年12月10日が締め切りとなっていますので、興味のある事業主の方は、まず動く!ことが大切です。
 
2020年12月に沖縄のカフェで補助金が下り、コロナ対策としてデオファクターカーサの導入を進めたい場合、2021年2月からデオファクターカーサの施工ができる予定です。
 
今から早めに事業再開型の補助金申請をして、デオファクターカーサを対策強化に充ててはいかがでしょうか。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄のカフェが補助金で適用内でできるコロナ対策として、抗ウイルス・制菌液剤の「デオファクターカーサ」の吹き付け施工についてお伝えしました。
 
カフェの経営で心配なことは、カフェでクラスター感染が発生し、休業せざるを得なくなったり、客足の遠のきが出て売り上げが立たなくなってしまうことではないでしょうか。
 
そうならないためにも、沖縄のカフェは補助金適用のコロナ対策として、ストレスなく24時間のコロナ対策ができるデオファクターカーサで、しっかりとコロナ対策を強化してみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

カフェに適した補助金適用内のコロナ対策とは

・カフェの感染防止対策にぴったりな「制菌」効果
・面倒な作業が不要
・天然素材でどこでも吹き付けられる
・長期間抗ウイルス効果が持続
・事業再開型の持続化補助金が適用可能