沖縄のお土産店で補助金活用の徹底コロナ対策とは

沖縄のお土産店で補助金活用の徹底コロナ対策とは
沖縄のお土産店では今、賢く補助金を活用して本格的なコロナ対策を検討する事業者が増えています。コロナ禍で経営悪化した沖縄のお土産店でも、補助金があれば徹底したコロナ対策を施して、お客様へアピールできますよね。
 
今、沖縄各地のお土産店で補助金を活用したコロナ対策として人気が高い方法は、抗ウイルス・制菌液剤を空間中に吹き付けて、空間全体ごとコロナ予防をしてしまう方法です。
 
突然広がった新型コロナ感染拡大に対し、付け焼刃の対策を施してきた事業者は、終わりの見えない状況のなかで疲弊が見え隠れしています。
 
新型コロナによって外出自粛が推奨され、沖縄では特に旅行に関連する会社が経済回復の希望とコロナ蔓延の狭間で苦しんでいるのが現状です。
 
特に沖縄のお土産店は個人経営の小さなお店が多く、新型コロナウイルスによって生活がままならなくなってしまったお店もあります。
 
GOTOトラベルキャンペーンによって少しずつ人が戻ってきた観光地で、より安心して旅行者にお土産を購入してもらえるようにしたいですね。
そこで今回はお土産店が補助金を使うことができるコロナ対策をお伝えします。
 

 

沖縄で補助金利用の本格コロナ対策☆
次世代の方法とは

 

個人経営のお土産店が使う補助金とは?


ルーキー優遇の補助金
最初に、今回沖縄のお土産店で活用している「補助金」について、コロナ対策の前にご説明します。
 
沖縄のお土産店は小規模事業者による店舗が多いので、「小規模事業者持続化補助金(事業再開枠)」という制度が適切です。
 
小規模事業者持続化給付金(事業再開枠)とは日本商工会議所が管轄している補助金制度で、商工会議所の管轄地域で事業をしている小規模事業者に対する制度となっています。
 

【 沖縄で補助金利用のコロナ対策☆持続化補助金 】
 
☆ 2020年の新型コロナ感染拡大に対応して、もともと設置されていた「小規模事業者持続化補助金(以下、持続化補助金)」に、新たに【コロナ対応特別型】を設けました。(従来からある持続化補助金は、【一般型】です。)
 
① 【コロナ対応特別型】 … 新型コロナウイルスによって客足が減ってしまった事業者に対し、新たなお客さんを呼び入れるための販売促進をする費用を補助する。
 
② 【事業再開型】 … お店を新型コロナウイルスをはじめとする感染症防止対策がされたお店にグレードアップする費用を補助する。
 
→ この二種類がありますが、実は、【事業再開型】は各種【コロナ特別枠】に付随して申請ができる補助金枠で、併用申請できるメリットはありながらも、単独での申請はできません

 

…ですから、沖縄のお土産店が補助金活用で本格的なコロナ対策を進めようとした場合、店舗のネット進出など、事業におけるコロナ対応を図り、【コロナ特別対応型】にも申請をしなければなりません。
 
詳しくは別記事「沖縄で注目される☆小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】とは」などをご参照ください。
 

 

【事業再開型】について


具体的にどのような経費が持続化補助金の対象?
今回、店舗内の空間をまるごとコロナ対策をしてしまう次世代の方法を、沖縄の土産店が補助金活用でコロナ対策として進めるならば、利用を想定しているのは【事業再開型】でした。
 
そこで、持続化補助金【コロナ特別対応型】に併用して【事業再開型】を申請するのであれば、適用する取り組みは全部で七種類ですので、以下のいずれかの項目に該当しなければなりません。
 

【 沖縄で補助金利用のコロナ対策☆七種類の取り組み 】
 
★ 事業再開枠の対象は七種類
 
… 小規模事業者持続化給付金(事業再開枠)を利用できる取り組みは七種類に限られます。
 
→ 消毒費用・マスク費用・清掃費用・飛沫対策費用・換気費用・その他衛生管理費用・PR費用の7つです。

 

そのうち、沖縄のお土産店が補助金活用でコロナ対策に取り組む場合、消毒費用・マスク費用・清掃費用については一般的な感染症対策である消毒液・マスクの購入清掃の外注といった費用が補助されるため、非常に使いやすい制度となっています。
 
また、今回の【事業再開型】で特筆すべきはPR費用です。従来の小規模事業者持続化補助金にPR費用や催促費用は基本的に適用していません。
 
けれども、今回の【事業再開型】を利用して沖縄のお土産店が補助金活用のコロナ対策に組んだ場合、きちんと感染症対策が行われているお店ですとPRする費用で、ポスター作製などが対象になります。
 
では、まずは空間まるごとコロナ対策をしてしまう、従業員にもコロナ対策による疲弊が少ない方法をお伝えする前に、細かく利用しやすい、計上できる項目をお伝えしていきます。
 

 

沖縄土産店に合った補助金活用のコロナ対策① 飛沫対策


補助金を使ってできる感染症対策は七種類
沖縄のお土産店にあった補助金が使えるコロナ対策の一つ目は飛沫対策です。
 
お土産店では商品を手に取りながら話す機会が増えるので、どうしてもウイルスが飛ぶ可能性が高くなってしまいますよね。
 
空気中に飛んだウイルスが商品に付着してそこから感染、ということも考えられますので、まずは商品にウイルスが付着しないようにしっかりと飛沫対策をする必要があります。また、レジ周りの飛沫対策も同様です。
 

【 沖縄で補助金利用のコロナ対策☆飛沫対策 】
 
★ おすすめの飛沫対策はクリアシートの施工です。
 
→ 商品棚に陳列されたお土産の前にクリアシートを施工し、めくってから商品を取ってもらえるようにしておけば大切な商品にウイルスが付着するのを防ぐことができます。
 
※ また、クリアシートであれば商品の視認性もしっかりとありますので、沖縄お土産店が補助金でできるコロナ対策としては、ピッタリではないしょうか。

 

施工も簡単で数人で取り付けることができますので、すぐに取り組むことができます。価格については1m当り数千円から始めることが可能です。
 

 

沖縄土産店に合った補助金活用のコロナ対策② 抗ウイルス剤塗布


抗ウイルスだけじゃない!「制菌」効果
二つ目におすすめしたい、沖縄土産店に合った補助金活用のコロナ対策が抗ウイルス剤の塗布です。これが今、沖縄のお土産店で注目されている次世代コロナ対策となります。
 
空間全体に施工工事によって、24時間自動的にウイルスに作用して抑制・減少させる抗ウイルス液剤を吹き付けてしまうので、従業員が神経を尖らせてその都度都度の消毒やアルコール除菌などの対策を講じなくても、「空間自体が」コロナ対策を施してくれる方法です。
 
消毒やマスク、清掃などの基本的な感染症対策については、もうすでにどこの施設でも行っている対策ではないでしょうか。もう一歩踏み込んだ感染症対策としておすすめなのがこの抗ウイルス剤の塗布です。
 
抗ウイルス剤を塗布することで付着したウイルスの数を減少させることができます。
 

【 沖縄土産店に合った補助金活用のコロナ対策☆デオファクターカーサ 】
 
☆ 「抗ウイルス液剤」とは、なかなか聞きなれないものではありますが、具体的には「デオファクターカーサ」という液体を塗布するものが人気です。
 
→ 特にこの「デオファクターカーサ」は抗ウイルスだけでなく、ウイルスを減少させる効果が期待できる「制菌機能」もあると認定された商品で、SEKマークという認証がついています。
 
※ さらに天然成分100%無味無臭・無色透明な液剤なので、飲食店から医療現場まで、場所を問わずに利用できるとして、今までも大型医療施設から保育園まで、あらゆる施設に導入されてきました。

 

おすすめしたい理由は、その工事内容にあります。薬液をスプレーで散布する工事ですので、お店を丸ごと抗ウイルス・制菌仕様にグレードアップすることができます。
 
工事金額はその規模や状況によって違うので、一概には言えませんが、目安としてはおおよそ20万円程度となっていますので、補助金の中で十分賄える金額です。
 

【 沖縄土産店に合った補助金活用のコロナ対策☆申請 】
 
☆ デオファクターカーサを補助金で導入したい場合には、専門取り扱い業者に相談をすることで、申請まで受けてくれるケースが多いです。ただ、現状では新型コロナ蔓延により、さまざまな業者があるので注意をしてください。 
 
→ 株式会社木立は、デオファクターカーサを取り扱う専門業者でありながら、認定を受けた補助金申請サポート業者となっていますので、持続化補助金(コロナ特別対応型)及び(事業再開型)の申請双方を受けてくれるので便利ですし、認定を受けているため安心です。

 

実は、この持続化補助金(コロナ特別対応型)の申請受付締め切りは、2020年12月10日と迫っているので、駆け込み申請となってきます。
 
そのため、沖縄のお土産店が補助金でこのコロナ対策を検討しているのならば、まずは急ぎ補助金申請サポート会社デオファクターカーサ専門取り扱い業者へ相談をしてみることをおすすめします。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄のお土産店が補助金を使ったコロナ対策について、コロナ禍が続く今、注目されている最新の方法をお伝えしました。
 
抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の吹き付け施工工事は、一度吹き付けてしまうと3年以上の長期で効果が長持ちし、空気触媒のため昼夜問わず自動的に抗ウイルスに作用してくれるので、従業員の負担も少なく便利です。
 
しかし、ずっと導入時の初期費用に二の足を踏んできた事業者が多くいます。(以前は、衛生空間を自動的に保つこと、消臭効果が評価されていたため、コロナ以前から導入は進んでいました。)
 
けれども、今回の(事業再開型)を活用すれば、経済的な負担が掛かりません。コロナ蔓延だけではなく、インフルエンザの脅威もある今、経済的にも打撃を受けた沖縄のお土産店が、補助金で本格的なコロナ対策を講じることができるとあっては、やらない手はありませんよね。
 
GOTOキャンペーンで少しずつ戻ってきた観光客を、この機会にしっかりと本格的なコロナ対策をして、お店で迎え入れてください。
 
 

まとめ

お土産店が補助金を使って行うコロナ対策

・小規模事業者持続化給付金(事業再開枠)を申請
・制度を使える事業は七種類
・お土産店へのおすすめ対策① クリアシート
・お土産店へのおすすめ対策② デオファクターカーサ