IT導入補助金を有効活用☆コロナ時代に役立つITツールとは

沖縄人気のものづくり補助金【コロナ特別枠】とは?【一般型】との違い
IT導入補助金はこれから必ず訪れると言われる、デジタル化社会(アフターデジタル時代)へ向け、小規模事業者や中小企業がIT化を計るために必要な、ITツールやITシステムの導入に伴う費用に対して補助される制度です。
 
2020年にこのIT導入補助金が注目されるのには、新型コロナ到来により急遽設置された「コロナ特別枠(C類型)」によるところが大きいですが、もともと2015年に新設された、補助金制度のなかでは革新的なルーキー枠でした。
 
今回は、コロナ特別枠(C類型)にも共通する、IT導入補助金でコロナ時代に役立つITツールやシステムについてお伝えします。
 
コロナ特別枠(C類型)については、別記事「沖縄でIT導入補助金(コロナ枠)申請☆コロナ禍に適したツール」なども併せてご参照ください。
 

 

IT導入補助金を有効活用☆
コロナ時代に役立つITツールとは

 

IT導入補助金とは


外部支援と補助金の関係
IT導入補助金とは、中小企業、自営業者等の方に、業務プロセスの改善と効率化のため、様々な業種・組織に対応できるITツールの導入をIT導入支援事業者の支援を受けながら実施するにあたり、最大で450万円の補助が受けられるというものです。
 

【 IT導入補助金の対象となるITツール 】
 
★ 補助対象となるITツールの経費は、あらかじめIT導入補助金事務局に登録されたITツール(IT導入補助金事務局に登録されたIT導入支援事業者が提供するもの)の導入費用です。
 
→ 申請者は、下記のような手順で導入します。
 
① 登録されたIT導入支援事業者への事前相談(契約の必要はありません)を行います。
 
② 自社の生産性向上に寄与する適切なITツールを選択してください。
 
③ IT導入支援事業者とパートナーシップを組んで申請します。

 

 

コロナ時代に役立つITツールとは


コロナ時代に役立つITツールとは
新型コロナウィルス感染拡大でテレワーク(リモートワークとも呼ばれる)の導入が加速されました。
 
テレワークは「離れたところで働く」という意味で、従業員は出社せず在宅のまま仕事ができるので、新型コロナウィルスの感染リスクを下げることができます。
 
場所や時間を選ばない働き方として、以前から注目されていたテレワークですが、新型コロナウィルスの影響で急速に導入が進みました。
 
テレワークは情報通信技術を駆使することにより、実現可能になる働き方です。テレワークを行うためには、ITツールの活用が必須と言えます。
 

【 IT導入補助金☆テレワークに役立つITツール 】
 
★ IT導入補助金は登録されたITツールのみ補助されますが、以下のようにその内容は多岐に渡りますので、便利です。
 
・ クラウド型経理
・ 給与計算
・ タスク管理
 
・ スケジュール管理システム
 
→ チームでのプロジェクト管理等に役立つツールです。このツールを使うことで、メンバー全員でプロジェクトを共有し、進捗状況などを確認できます。
 
・ 勤怠管理システム
 
→ クラウド上で利用できるため、在宅からの入力業務を可能にし、また在宅勤務での勤務時間の管理に役立つシステムです。
 
・ Web会議システム
 
→ オンラインで会議をするにはWeb会議システムが必要です。無料プランもありますが参加人数や時間に制限があるため、有料プランを契約すればセキュリティーを確保しつつ、高画質・高音質のWeb会議が実現できます。
 
・ RPAシステム
 
→ 定型業務をロボット(シナリオ)により自動化できるシステムです。このツールを利用すれば、属人化した日常業務にかかる時間を大幅に短縮できるため、生産性を向上させコストも削減できます。
 
・ 在庫管理ツール
 
→ ネット通販では注文が多くなると在庫管理にかかる手間や時間も増えるため、クラウド型の在庫管理システムを使うのがおすすめです。
 
・ キャッシュレス対応レジ
 
→ QRコード決済電子マネーなどを利用したキャッシュレス決済を行えば、顧客との接触する機会を減らせます。飲食店や小売店では、バーコードリーダーやカードリーダーを備えたキャッシュレス対応レジの導入がおすすめです。
 
・ チャットツール
 
→ テレワークを行う従業員同士が、コミュニケーションを取るために欠かせないのが、チャットツールです。

 
ちなみに、IT導入補助金で導入できるビジネス用のチャットツールには、セキュリティー面が強化されているツールが多く、ファイルの共有などもしやすくなっています。
 
ビデオ通話に対応しているものなら、オンラインミーティングも可能なものも多い点も魅力です。
 
この他にも、IT導入補助金を活用できるITツールは数多くありますので、まずは認定IT導入支援事業者へ相談をしてください。
 

 

実際に採択されたITツールの例


非対面型ビジネスをIT技術で実現
それでは、IT導入補助金でどのようなITツールを導入できるのか、実際に採択された実例をいくつかお伝えします。
 

【 IT導入補助金で採択されたRPAツール 】
 
★ 2020年はIT導入補助金(コロナ特別枠)において、「RPAツール」が注目されるようになりました。
 
→ 情報通信業や食品製造業に多く、正式名称は「ロボティック・プロセスオートメーション」と言い、パソコンの入力作業(POSデータやExelデータなど)も含め、手作業だった仕事内容を自動で進めてくれるツールです。

 

この他、コロナ禍の影響を受けた宿泊業では、宿泊予約サイト一元管理システムの導入が進んでいます。予約サイトの管理を一元化できるシステムで、民泊事業に多いAirbnb利用者などに重宝されています。
 
以下、各業種で人気が高いIT導入補助金によって導入されたツールを並べていきますので、ご参照ください。
 

【 IT導入補助金で採択されたITツール事例 】
 
・ クラウド型電子カルテシステム(医療)
・ 電子カルテ対応レセプトコンピューター(医療)
・ クラウド型会計
・ 給与計算
・ 勤怠管理システム(卸・小売業)
・ 原価管理システム(建設業)
・ 販売管理システム(卸・小売業)
・ クラウド型顧客管理ステム(会計事務所)
・ 訪問介護支援システム(介護業)
・ 3次元CAD(建設業)
・ ロボット型接客ツール(卸・小売業)
 
…など。

 

データ間の連携、クラウド化、自動化、管理業務の効率化など、生産性向上のために日常業務フローの多くの業務プロセスをカバーする様々なITツールが広く採択されています。
 

 

補助金の採択された企業のITツールの具体的活用例


補助金の採択された企業のITツールの具体的活用例
それでは、前の項でお伝えしたRPAツールを中心にして、具体的にどのように導入し活用しているのかをお伝えします。
 
まずは食品製造業におけるRPAツールの活用例です。
 
この補助事業を申請した会社では、受発注管理等を複数のExcelで管理していたため、各Excel間での転記や転記によるミス、修正等、非常に手間がかかっていました。
 
また、働き方改革の流れの中で、残業を少しでも減らしたいという思いもあります。
 
そして、この企業ではRPAツールが IT導入補助金の対象であることを薦められ、検討し始めました。
 

【 IT導入補助金活用でRPAツールを導入した実例 】
 
★ まずは自社内で課題の整理を実施し、業務プロセスの見直し、効率化・自動化できそうな業務を洗い出します。
 
→ また、残業削減の目標が改めて意識されるようになり、できるだけ定型業務を効率化していこうということで、複数の販売先の売上管理をRPAツールで自動化させて、売上データを会計システムに受け渡すこととしました。
 
※ まだ導入から日が浅いこともあり、日々試行錯誤をしながらも売上管理を自動化することで、すぐ1日15分の時間削減につながりました。

 

このようにIT導入補助金を活用して適切なツールを導入することで、社内の業務プロセスを効率化して、かつ、データ連携による社内で横断的データ共有・分析等を取り入れることができます。
 
継続的な生産性向上と事業の成長を、補助金の支援でコストを押さえつつ、実現可能となるのです。
 

 

IT導入補助金の応募について


IT導入補助金(コロナ特別枠)で、採用されやすい事業計画
IT導入補助金は他の補助金と異なり、電子申請で申請項目・入力文字数が少なくあまり手間がかかりません。
 
また、今年度はIT導入補助金に「コロナ特別型」が新設され、従来の補助率が1/2から3/4に引き上げられている点が、注目される大きな理由ではないでしょうか。
 

【 IT導入補助金(コロナ特別枠) 】
 
★ 補助率が1/2~3/4に引き上がるだけではなく、補助額も最大450万円と大きく、さらに採択率が非常に高いとてもお得な補助金です。
 
→ そのため申請者が殺到し、今年度の予算額の関係で、12月18日が最終締め切りとなっています。

 

もし関心がありましたら、急ぎ、登録されているIT導入支援事業者と相談してみてください。
 

【 IT導入補助金の申請 】
 
★ IT導入補助金(コロナ特別枠)に駆け込み申請をするのであれば、まずは認定IT導入支援事業者へ相談をして、事業者を通じて申請をしなければなりません。
 
→ 株式会社木立はコロナ禍における2020年度の補助金申請事業において、100%の採択率を誇る事業者ですので、より安心です。

 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回はIT導入補助金を用いた、人気が高いITツールを各種お伝えしていきました。
 
コロナ感染拡大防止のため、在宅勤務やテレワークへの移行への需要が高まり、またweb会議が急速に広がっています。
 
これにより社内や社外の集まりを変えるだけでなく、会社の仕事のやり方も否が応でも変革させなければならない状況になってきました。
 
今までなかなか進まなかったITによる業務の効率化・生産性向上を、この機会にIT導入補助金を活用して、最新のITツールの積極的導入により会社の成長と「働き方改革」を推進してみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

IT導入補助金で人気のITツール

・IT化のためのツールやシステム導入に出る補助金制度
・コロナ禍ではテレワークシステムが人気
・チャットツールが業務効率化のためのツールが人気
・RPAツールで業務効率化を計り、就業時間削減へ繋げた
・IT導入補助金の締切は2020年12月18日
・IT導入支援事業者へまず相談をする