ものづくり補助金(コロナ特別枠)最終締め切り迫る!申請のメリット

ものづくり補助金(コロナ特別枠)最終締め切り迫る!申請のメリット
ものづくり補助金(コロナ特別枠)は、2020年の新型コロナ蔓延による影響を受けた、小規模事業者や中小企業へ向けた補助金制度の特別枠のなかでも、最も規模の大きなコロナ対応枠です。
 
東京オリンピックへ向けて準備を進めてきたなか、突然の新型コロナ到来により、不意打ちのように大きな打撃を受けた小規模事業者や中小企業にとっては、V字回復を図るチャンスにもなりますよね。
 
コロナ禍の今ではものづくり補助金(コロナ特別枠)が注目されていますが、もともとものづくり補助金は設置されていて、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」が、正式な名称です。
 
その名のとおり、生産性の向上を目的としている企業の取り組みに対して補助金が交付されます。
 
このものづくり補助金は(コロナ特別枠)や(通常枠)では1,000万円を範囲内、海外展開や強化を目的とした(グローバル展開型)では3,000万円の補助が期待できるなど、必ず資金面での支えになってくれます。
 
さらにものづくり補助金(コロナ特別枠)は審査した後に(通常枠)の審査もできると言う保険がかかるので、補助金を取り入れることが不安でも、より安全な審査が可能です。
 
今回は、そんなものづくり補助金(コロナ特別枠)を申請するメリットについて、従来型のものづくり補助金とともに説明します。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)
最終締め切り迫る!申請のメリット

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)と(通常枠)


沖縄で持続化補助金(コロナ枠)申請☆コロナ禍の事業計画とは
ものづくり補助金(コロナ特別枠)はこの他に、(通常枠)が設けられています。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)と(通常枠) 】
 
★ ちなみに(通常型)は既存の制度で、企業のサービス生産性向上を促進するためのものです。
 
→ それとは違いものづくり補助金(コロナ特別枠)は、コロナによってできた制度で補助率が3分の2から4分の2と非常に負担を軽減させてくれます。
 
※ その特別枠の中にもいろいろな違いがあり、A類型やB類型など企業の目的にあった補助が受けることができます。

 

今回、新型コロナ到来により新設された「ものづくり補助金(コロナ特別枠)」は通常枠のなかでもA類型内に設置され、B類型はグローバル展開型として海外進出や強化事業に対して出る補助金です。
 
残るC類型も、経営刷新を進める中小企業を支援する企業に対して1億円の範囲内で補助する制度となりますので、今回のものづくり補助金(コロナ特別枠)とは、あまり比較対象にはなりません。
 
今回、ものづくり補助金(コロナ特別枠)と申請を比較検討するとしたら、通常枠のなかでも、補助金の限度額が1,000万円となるA類型となります。
 

 

枠の違いによるメリット


沖縄企業注目の「ものづくり補助金(コロナ特別枠)」
ものづくり補助金(コロナ特別枠)について今回はお伝えしていますが、この小規模事業者・中小企業を対象にしたコロナ枠としては、「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」を含めた3つの制度です。
 
この3つの制度内におけるコロナ特別枠のメリットは、補助率がアップしている点ではないでしょうか。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆補助率 】
 
★ 新型コロナにより経営悪化を支援し、経営刷新による事業維持を目的としたものづくり補助金(コロナ特別枠)では、補助率がアップします。
 
① (通常枠)は、掛かる経費全体の2分の1を補助
② (コロナ特別枠)は、掛かる経費全体の最大4分の3を補助

 

仮に1200万円の経費が掛かるとして、(通常枠)では600万円が自費ですが、ものづくり補助金(コロナ特別枠)では、提出する事業内容によって最大900万円の補助が出ますので、自費は300万円のみとなりますので、これは大きなメリットです。
 
コロナの影響でどこの企業も資金面で不安になっているのは同じなので、この機会にものづくり補助金(コロナ特別枠)による、これから訪れるデジタル時代へ向けた事業刷新を狙ってみてはいかがでしょうか。
 

 

採択されなかった時の通常枠


通常型や特別型を選択する企業の事業目的
さらに、今回駆け込み申請をしたい理由には、ものづくり補助金(コロナ特別枠)に採択されないとしても、(通常枠)へ再審査に掛けることにあります。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆通常枠への加点 】
 
★ 例えものづくり補助金(コロナ特別枠)で採択されなかったとしても、この(コロナ特別枠)を受けている実績が、続く(通常枠)審査において加点が適用される点もメリットです。
 
→ これはものづくり補助金(コロナ特別枠)不採択の時の保険でもあり、(通常枠)を優遇的に受けることができる、とも言えますよね。

 

ちなみに、本来の補助金などの支援は不採択されると、その場で終わってしまう機会が多いです。
 
ものづくり補助金(コロナ特別枠)ではそのような心配は一切いらないので、安心して審査していただけます。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)は補助対象が拡大


他社との評判の比較
ものづくり補助金(コロナ特別枠)では、補助対象が拡大するために、さらに様々な経費を計上できる点も、より事業者の負担を少なく、事業刷新ができる後押しです。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)の補助対象 】
 
① (通常枠)での補助対象 → 技術導入費やクラウドサービス利用費、外注費など様々な補助を受けることができます。
 
② (コロナ特別枠)の補助対象 → さらに宣伝広告費や販売促進費の補助を受けることが可能です。

 

このようにものづくり補助金(コロナ特別枠)での採択によって補助対象が増えることで、さらに資金面での余裕ができるので、ものづくり補助金(コロナ特別枠)のメリットは通常枠とは比になりません。
 
そもそもの補助される割合が違うにもかかわらず、補助対象も拡大されると言うことですので、2020年12月18日と締め切りが迫ってはいますが、急いでも申請準備を進める価値はあると言えるのではないでしょうか。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)の初年度要件



さらにものづくり補助金(コロナ特別枠)はコロナ禍で経営悪化に陥った事業者を優先的に補助する制度なので、採択後の要件に関しても、従来のものづくり補助金よりも緩い点が特徴です。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)初年度要件 】
 
① (通常枠)の初年度要件
 
・初年度に付加価値額に毎年3%プラス
・給与支給総額が毎年1.5%プラス
 
② (コロナ特別枠)の初年度要件 
 
→ これらの初年度の要件が不要となり、二年後からは必要。

 

二年後からは要件に加えられますが、初年度にこれらの要件がないだけでも、(通常枠)とものづくり補助金(コロナ特別枠)では、補助される範囲が全く違うことがわかるのではないでしょうか。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回はものづくり補助金(コロナ特別枠)について、通常枠との違いとともに、最終締め切りが迫る今、敢えて駆け込み申請をしたい理由をいくつかお伝えしました。
 
ただし、コロナ特別枠は採択要件が緩和されていると言われるものの、ものづくり補助金(コロナ特別枠)でも1,000万円と比較的規模の大きな補助金枠なので、採択も容易ではありません
 
次回2020年12月18日をもって最終締め切りとなることが発表されましたが、より確実に採択される書類を作成したいですよね。
 
不安のある事業者の方々であれば、認定を受けた補助金申請サポート業者へ相談することをおすすめします。
 

★ 株式会社木立は2020年度のコロナ禍において、補助金申請の採択率100%を誇る補助金申請サポート業者です。一度相談してみてはいかがでしょうか。

 
 

まとめ

ものづくり補助金(コロナ特別枠)のメリット

・企業サービスと生産性向上のための事業刷新を支援
・補助率が1/2から最大3/4までアップする
・採択されなくても通常枠で加点される
・特別枠は補助対象が拡大される
・初年度の要件が免除されている