ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆チャンスに変える成功事例

ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆チャンスに変える成功事例
ものづくり補助金(コロナ特別枠)は、2020年の新型コロナ到来により多大なダメージを受けた小規模事業者や中小企業にとって、今後も続くコロナ禍に経済回復の兆しになるチャンスになりますよね。
 
このものづくり補助金(コロナ特別枠)に申請して採択されるためには、コロナ禍の社会にどのような発想の転換で対応し、事業に生かしていくのかが分かる事業計画がポイントです。
 
従来のものづくり補助金は革新的なサービスや商品の開発生産性の高いプロセス向上を支援するものですが、さらにものづくり補助金(コロナ特別枠)になると、コロナ対応が求められます。
 
ものづくり補助金(コロナ特別枠)3つの要件である、①非対面型ビジネスモデルへの転換、②テレワーク環境の整備、③サプライチェーンの毀損への対応、のいずれかが、対象経費全体の1/6以上に該当しなければなりません。
 
このように条件を並べていくと、果たして無事に採択されるのか…、不安になる事業者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ものづくり補助金(コロナ特別枠)により、補助金の採尺に成功した事例をいくつかお伝えしていきます。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆
チャンスに変える成功事例

 

ものづくり補助金とは


ものづくり補助金とは
2020年のコロナ禍において、ものづくり補助金(コロナ特別枠)が注目されていますが、コロナ禍以前から「ものづくり補助金」は設置されていました。
 
この「ものづくり補助金」は、経済産業省が中小企業の生産性向上へ設備投資するための制度で、①革新的サービス開発、②試作品開発、③生産性プロセス向上を支援します。
 
ものづくり補助金の正式名称は「ものづくり・商業・サービス・生産性向上促進事業」であり、中小機構が実施する予算です。
 
※ 経産省が実施する連携事業の促進を目的とした、「ものづくり・商業・サービス・高度連携促進事業」もありますが、これは連携体を対象としているため、今回はあまり関係がありません。
 

【 ものづくり補助金の概要 】
 
★ 従来からあるものづくり補助金には、下記3つの類型に分かれます。
 
・一般型 → 上限1000万円、補助率中小企業1/2、小規模事業者2/3
・グローバル展開型 → 上限3000万円、補助率中小企業1/2、小規模事業者2/3
・ビジネスモデル構築型(新しい型) → 定額1億円
 
※ このなかでビジネスモデル構築型は、中小企業30社以上のビジネスモデル構築や事業計画策定の支援を目的としているため、こちらも今回のものづくり補助金(コロナ特別枠)にはあまり関係がありません

 

このような仕組みのなか、2020年の突然のコロナ禍により、社会的要請を受けて、ものづくり補助金(コロナ特別枠)が新設されました。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)の概要 】
 
★ ものづくり補助金(コロナ特別枠)に採択された場合、上限1,000万円の範囲内で、必要な経費全体の3分の2、若しくは3/4を補助率として、設備投資が補助されます。

 

補助率は採択された事業計画内容が該当する3つの類型によって違うので、コチラも注意をしてください。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆3つの類型と補助率 】
 
★ ものづくり補助金(コロナ特別枠)では、コロナ禍において積極的な投資である(B類型)(C類型)において、対象経費全体の3/4が補助される仕組みです。
 
(A類型)サプライチェーン毀損への対応(補助率2/3)
(B類型)非対面型ビジネスモデルへの転換(補助率3/4)
(C類型)テレワーク環境の整備(補助率3/4)
 
※ 3つの類型要件のうち1つを満たし、設備投資の内1/6を満たしている必要があります。

 

ここで、ものづくり補助金(コロナ特別枠)は、従来型の純粋なものづくり補助金と比べ、対象経費の範囲も緩くなっている点が特徴です。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆対象経費 】
 
● 従来型と共通する対象経費
 
・機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連広告など。
 
● ものづくり補助金(コロナ特別枠)のみ適用される対象経費
 
宣伝費、販売促進費

 

…以上の経費を対象とします。
 

 

ECサイトの設備投資と運営(非対面型ビジネスモデル)


ECサイトの設備投資と運営(非対面型ビジネスモデル)
ものづくり補助金(コロナ特別枠)の申請では、B類型の(非対面型ビジネスモデルへの転換)による事業計画が多いです。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆ネットショップ 】
 
★ その一例として、ECサイト(ネットショップ)を開設、運営するために採尺され、ものづくり補助金(コロナ特別枠)が使われた事例があります。
 
→ 今までは高級リゾートホテルなどへ卸していた果物農家では、コロナ禍により納品先が滞りました。そのために果物を急速冷凍してネット販売を進める事業計画を作成しました。
 
※ ものづくり補助金(コロナ特別枠)の申請をした後、採択されています。

 

このようにコロナ禍では、非対面でのビジネスが望まれます。店舗を持つ形のビジネス形態の事業者でも、ECサイトでの商品の販売が必要です。
 
また、amazonや楽天と言ったネットショッピングの利用は、コロナ禍で急増傾向にあります。外出自粛、テレワーク推奨などの影響による要因です。
 
このようなことから、今後もECサイトの需要は高まり、活用されることが予想出来ます。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆自社製ECサイト 】
 
★ 企業内での自社製ECサイト(ネットショップ)の設備投資、構築、運用にもものづくり補助金(コロナ特別枠)は役立てられました。
 
→ 迅速に対応するために、運用後のサポートを行うビジネスも存在します。

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)を活用した、家具販売やサーフボード販売などの採尺事例もありました。
 
ECサイト(ネットショップ)にものづくり補助金(コロナ特別枠)を利用し、売り上げの増加利益確保への道を作るという方法も存在します。 
 

 

テレワークのサポート(テレワーク環境の整備)


テレワークのサポート(テレワーク環境の整備)
ものづくり補助金(コロナ特別枠)のC類型は「テレワーク環境の整備」であるように、2020年コロナ禍においては、テレワークの支援によるものづくり補助金(コロナ特別枠)も、数多く活用されてきました。
 
コロナ禍では、ビジネスの現場でも従業員同士の3密を避けた職場環境が進められ、テレワークを導入が推奨されています。
 
コロナ禍以前までは、テレワークのビジネスモデルを導入していなかった企業も必要に迫られたことも、記憶に新しいのではないでしょうか。
 
けれどもいざ、テレワークの導入を進めようとすると、様々な課題に直面し、その際に対応するために専門性に富み支援を行うビジネスにも、ものづくり補助金(コロナ特別枠)活用されています。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆テレワーク 】
 
★ その一例としては、テレワーク支援サイトが採尺された事例があります。
 
→ 在宅で仕事を進めるためのノウハウや、タスク管理、顧客管理、適切な利用ツールをサポートするなどの内容です。

 

従来型のものづくり補助金ではテレワークを進めるに当たり必要になるパソコンやタブレット、webカメラなどのハードウェアは適用しませんが、ものづくり補助金(コロナ特別枠)で申請し採択された場合には、これらのハードウェア経費も計上できます。
 
このように、テレワークへの推奨支援で、社会貢献を果たし、ビジネスへ繋げるという活路も存在します。
 

 

企業内での内製化への活用(サプライチェーンの毀損への対応)


企業内での内製化への活用(サプライチェーンの毀損への対応)
コロナ禍では、企業間の流通においてコロナが要因で様々な理由によりコロナ禍以前の流通状態を確保できない場合があります。
 
コロナ禍以前までは外部注文で行程を委任していたものが、ストップしてしまうなどの事情です。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆サプライチェーン毀損への対応 】
 
★ (A類型)の要件である「サプライチェーンの毀損への対応」では、企業内部での内製化にも、ものづくり補助金(コロナ特別枠)は活用され採択されています。
 
→ 主に製造業が大半を占めますが、ビジネスで自社で必要な工程を外部注文から自社で独自に行う内製化への切り替えを行い、効率化を計った事例もありました。

 

実際にものづくり補助金(コロナ特別枠)で採択された事例では、歯科クリニック精密歯科治療の工程内製化するというものがあります。
 
外部注文だったものを企業内部での内製化に切り替えるために、ものづくり補助金を利用し、「サプライチェーンの毀損への対応」への貢献、自社の効率化を計るための活路として注目する例の一つです。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回はものづくり補助金(コロナ特別枠)での採尺事例をお伝えしました。この他にも、状況により様々な形でものづくり補助金(コロナ特別枠)が活用されています。
 
ただし、ものづくり補助金(コロナ特別枠)は申請者殺到のため、急遽第4回で最終締め切りとなることが発表され、同時に延長も発表されたものの、2020年12月18日(金)と最終締め切りは差し迫っています。
 
駆け込み申請に不安を感じる事業者も多いですが、コロナ禍の今では補助金申請サポート業者に相談する方法が近道です。
 
株式会社木立はコロナ禍の補助金申請において、100%の採択率を誇る業者ですので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。
 
このように、ものづくり補助金(コロナ特別枠)を活用して、前向きな取り組みにアイディアを転換する事で、成功へと繋げることが可能であると言うことがわかります。
 
 

まとめ

ものづくり補助金コロナ特別枠は、前向きな発想を

・ものづくり補助金特別枠は、中小企業を支援する制度
・ECサイトは、需要が高く必要とされている
・テレワークの推奨、支援にも補助金は活用出来る
・自社の内製化で効率化、貢献へ